自分で脇を剃ることで、黒ずみの原因になるなんて!

 

脇の毛って、気になるものですよね。ですが、剃ってしまえばいいという安易な判断をしてはいけません。どうしてかというと、脇の毛を剃ることで黒ずみを誘発するからです。

 

かといって剃らないというのもあり得ないし、脇の悩みは多くの人に共通しているといえますね。

 

自己処理の罠

 

エステや医療脱毛は敷居が高いと思っている人は多いです。そういう人は、安易に自己処理をしてしまうのではないでしょうか。

 

確かに、自己処理というのはいつでも手軽にできます。しかし、手軽にできるということは、それなりにリスクもあるのだということを理解しなくてはなりません。

 

自分では見えないところが黒ずむ

 

自分の脇というのは、自分では見えないものです。鏡で見て大丈夫だと思っていても、いざ他人の目から見た時はしっかりと黒ずんでいるということも有りうるのです。

 

近年、ノースリーブの洋服も多いです。脇が黒ずんでいるのに、そうした洋服を知らずに着てしまうと、恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。

 

自己処理でどうして黒ずむのか

 

まず、自己処理で多いのは、剃った後でも毛の黒さが目立つということです。ゴマ塩のように残った脇の処理跡というのは、気分のいいものではありませんね。

 

遠目に見ると、脇全体が黒ずんで見えてしまいます。また、毛自体の色がそれほど濃く見えていなかったとしても、剃刀負けで黒ずみが生まれるということもあります。

 

刃で肌を傷つけてしまうということは、その部分に黒ずみを発生させる要因になってしまうのです。

 

まとめ

ピューレパル

引用元「【画像あり】ピューレパールの口コミは本当?脇の黒ずみ解消効果をレビューさん

 

脇の環境について、自分の勝手な判断でいろいろなことをするのは避けた方がいいです。現在、エステや医療脱毛、また、上の画像のような脇専用のクリームも多く市販されています。

 

こうした情報をうまく利用して、決して独りよがりの美容にならないようにするということが大切なのです。脇のお手入れがきちんとできていると、自分への自信にもつながります。

 

脇の黒ずみ対策はしっかりと行っていきましょう。